2014年10月09日

気づいて!いつも男子からフェードアウト…「隠れウザ子」特徴4つ

たかがデート、されどデート。食事をしながらお互いの話をして、「本当に彼(彼女)でいいのか?」見極める大事な機会でもありますよね。

でも、いつもこの“お試しデート”が、数回で、しかも彼の方から終了!となってしまうのならば、ちょっと問題ですよね。

そこで今回は、筆者が“男性が知らないうちにフェードアウトしちゃうウザ子の特徴”をご紹介します。デートまでは持ち込めるのに、そこから発展しないあなた、“隠れウザ子”かもしれませんよ。

9067F257474ABCC9B3401023448850_h277_w329_m2_q80_cIgZtNPfK.jpg

■1:奢ってもらうのが当然

初めてのデートは、男性が張り切ってくれる場合が多いものの、その後は割り勘だった、お店のランクが下がったなんて話は、よく耳にしますよね。奢ってもらうのが当たり前、毎回男性がデート代を負担というのは、彼の懐事情を圧迫している可能性大!

2回に1回は、こちらが出す、お茶代は負担するなどの気遣いも必要ですよ。

■2:彼の友人や職場での評判が悪い

彼の友人や、職場の上司や部下と食事に行く機会もありますよね。

そんなとき、否が応にも避けられないのが、お食事会後の“ありなし判定”です。あなたが、彼のパートナーとしていかがなものか、見られているんです。彼の友人や職場の同僚、上司と上手くコミュニケーションが取れるか?というのが、重要なポイント。

彼の上司にしか挨拶しない、部下や女性の同僚には愛想が悪いなんて、もってのほかです! 裏で大ブーイングされているかもしれません。

■3:マシンガントーク

女性の特技の1つといえば、“おしゃべり”ですよね。恋愛はもちろん、ファッションやメイク、気になるお店や最近行った話題のスポットなど、話題の引き出しが多い女性に対し、男性は、「何でそんなに話すことがあるのか?」と疑問な様子。

自分のことをひたすら話すよりも、彼の仕事やこれまでの苦労など、彼自身に焦点を当てて彼の話を聞く方が、彼自身も楽しく、関係もいっそう深まりそうです。

■4:感情を露骨に表す

嬉しい、楽しい、ハッピーな感情は、一緒にいる人までも笑顔にしてくれますよね。だからといって、喜怒哀楽を全て表現するのは、待った方がよいかもしれません。

すぐ怒る、すぐ泣く、実はこれらの行動は、男性が最も苦手とする行動の1つ。「怒っている(泣いている)理由をいわなくても分かって欲しい」という女性に対し、男性は女性がいってくれるまで、「何で怒っている(泣いている)のか分からない」ケースがほとんどです。

機嫌を悪くしてお互いに疲れるよりも、一緒にいて楽しい関係を目指した方が、その先も明るいですよね。

いかがでしたか? 男性が一緒にいて心地いい、そんな女性を目指していきたいですね。










posted by ゆう at 05:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その気になっちゃう!? 彼女のアンダーヘア、処理してほしい男性は35.4%「いざというとき気乗りするから」

欧米では、女性のマナーとしてすっかり定着しているアンダーヘアの処理ですが、日本ではまだまだ浸透していないよう。「これからチャレンジしたいと思っている」「気になっている」という女性も多いのではないでしょうか。アンダーヘアの処理について、男性の本音を聞いてみました。

160-1.jpg

Q.あなたは、彼女にアンダーヘアを処理していてほしいと思いますか?

「思う」35.4%
「思わない」64.6%

処理しなくてもいいと考える男性が多いようですね。それぞれの理由もさっそくチェックしてみましょう。

<「処理してほしい派」の意見>

■セクシーです!

・「一回手入れしているのを見たことあるけど、すごくセクシーだったから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ジャングル状態よりも、整ったほうがいざというとき気乗りするから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

ボサボサよりも整っているほうが好き! 処理してほしい男性では、こんな意見が目立ちました。男性をその気にさせるための「女性の身だしなみ」のひとつだと言えるのかもしれません。

■適度なお手入れは必要

・「手入れがされている感じがするし、しつこくない程度に処理してほしい」(35歳/情報・IT/技術職)

・「眉毛と同じ扱いをしてほしいから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

手足のムダ毛とはちがって、「ツルツルにすればそれでOK」というものではありません。毛量のコントロールと、キレイな形。やってみると、実は「個性」を演出できるのかも……!?

<「処理しなくていい」派の意見>

■気にしすぎなくていい

・「むちゃくちゃな剛毛じゃなければ、そのままでいいと思います」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「自分だってそこの毛は処理していないから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

こちらは、処理の必要はないと考える男性の意見です。不特定多数の人が見る部位ではありませんし、そこまで気にする必要はなしと考える方が多いようですね。

■気合い入りすぎは逆にNG

・「風俗嬢じゃないんだから、処理しなくていいです」(34歳/通信/事務系専門職)

・「多少はしてほしいが、手入れ感が丸出しなのも嫌」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

処理されたアンダーはきれいかもしれませんが、どこか不自然な雰囲気に……? あまりに整いすぎていると、「慣れているのでは?」という疑念を与えてしまうのかもしれません。ギャップで彼を驚かせすぎないよう、注意です。

「処理しなくていい」派の男性が6割以上という結果になりましたが、いざそのときを迎えたときに「え!?」と思われるのは避けたいものです。剛毛や毛の量が気になる方は、ほんの少しだけ手を入れておくのがオススメ。ナチュラルに整えておけば、下着姿にももっと自信を持てるはずですよ。










posted by ゆう at 05:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナイトブラは不要?必要?美ボディ&安眠のためのブラジャー事情

皆さんは眠る時にブラジャーをつけていますか? あるいは何もつけずに眠っていますか? 実際のところ、胸や身体のためには、さらにリラックスして熟睡するためにはどちらが好ましいのでしょうか? ストレスフリーに眠るためのブラジャー事情に迫ります。

143297_wl.jpg

■寝る時ノーブラ派は6割だけど、心配に思っている人多数

ワコールホールディングスによるブラジャーブランド、ウイングの調査によると、「あなたは夜にブラジャーをつけて寝ていますか?」という質問に対して、つけていないと答えたノーブラ派は59.7%と、ほぼ6割にのぼることが明らかになりました。しかしながら、そのほとんどが何かポリシーがあってつけていない訳ではなく、何となくノーブラで寝ており、ノーブラ派の人たちの34.1%は「バストの形が崩れそう」と不安に思っていることも判明。



■睡眠時のおすすめブラジャーはナイトブラ

さらに、睡眠時にブラジャーをつけている人に「どんな種類のブラジャーをつけて寝ていますか?」と質問したところ、「夜ブラ派」の53.7%が普段同様のワイヤー入りの ブラジャーを着用していると回答しました。しかしながら気になるのは、ワイヤー入りのブラジャーをしたままでは胸が垂れることを防止できたとしても、 リラックスして眠れないかもしれないということ。美肌を培うためにも睡眠時に安眠出来ていないのは好ましいこととは言えません。やはり、睡眠時に窮屈な思いをすることなくバストをサポートするためには、専用のナイトブラジャーが理想的のようです。



■実際に使ってみて納得!ナイトブラのメリット3つ

(1)バストがサイドに流れないように適正な位置をキープしてくれる

ナイトブラの一番の目的は、やっぱりバストラインの維持。ナイトブラは睡眠時に着用する前提で設計されているので、バストを包み込むように支えて、適正な位置に安定させてくれたり、横向きに寝ている時に前中心に流れやすいバストを支えてくれるという働きが中心。したがって、寝ている間も本来あるべき理想の場所に胸の位置をキープすることができます。


(2)寝返りの時の不快感や痛みが無い

寝返り時に胸元を身体で挟み込んでしまい、違和感や痛みを感じたことはありませんか? 女性の睡眠時あるある(?)かもしれないこの不快感も、ナイトブラで解決することができます。包み込むようなデザインのナイトブラが胸にぴったりフィットするからこそ、余計な方向に胸が流れてしまわず、身体で胸を挟んでしまうようなこともありません。


(3)意外!?ノーブラ時よりも安眠度アップ!

実際に使ってみて意外だったことは、ノーブラの時よりも睡眠時にリラックスできるということ。普段のブラジャーのように締め付けを感じること無く、胸を優しく包みこんでくれることで、パジャマの下での胸のおさまりも格段に良くなり、快適に安眠することが出来ます。睡眠時のストレスを軽減できるからこそ、安眠度を上げたい人にはぜひ試してみてほしいところ。

一度つけるとクセになること請け合いのナイトブラ、肌のためにも胸のためにも睡眠時のお供にしてみては?










posted by ゆう at 05:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。